投資顧問調査委員会

ランキング

株式投資情報の実態を元業界関係者や行政書士が徹底暴露!

国策に売りなし

有名な株の格言に「国策に売りなし」がある。文字通り、「国が行なおうとしている政策によって追い風を受ける株は買うべし」という意味だ。古くは1970年代の日本列島改造論、今でいえばアベノミクスや国土強靭化、あるいは今回紹介するマイナンバー制や電力自由化というのも、国の政策に沿ったテーマ。国の政策だから税金が投入される。つまり、資金は潤沢だ。しかも、政策を行なうために規制を緩和したり撤廃したりするので、企業の行動半径は広がる。政策が長期的になるテーマほど、そのぶん企業が受ける恩恵も広がってくるのだ。