投資顧問調査委員会

ランキング

株式投資情報の実態を元業界関係者や行政書士が徹底暴露!

株式投資情報会社の歴史とルーツ

悪質な株式投資情報会社は、負け分を取り戻したいという焦りを巧みに利用した詐欺を行っています。
そういったものに騙されないようにしつつ、優良な株式投資情報会社サイトの見抜き方を指南します。

株式投資情報会社歴史

日本では1986年(昭和61)5月に成立した投資顧問業法により、顧客の資産の運用について、専門知識による助言と管理を通じて資産づくりに関与する投資顧問業という業態ができました。
しかし、当時は実在する「モノ」ではなく「情報」を商材として販売すること自体が珍しく、一般的に購入すること自体にも抵抗があったため、そのような環境下で着実に運営をして信用を得てきた競馬情報会社には並々ならぬ努力と苦労があったものと思われます。

2007年(平成19)9月の金融商品取引法施行により投資顧問業法は廃止されることとなります。
これに伴い、投資顧問業は「投資運用業」および「投資助言・代理業」に呼称が改められました。
また以前では投資一任業(現在の「投資運用業」)だけを行いたい場合でも、投資助言者(現在の「投資助言・代理業」)として登録したのちに、投資一任業を行う認可を受ける必要があったが、現在はともに別々に登録ができるようになっています。
そのため、業務についても拡大・多様化してきています。

悪徳情報会社台頭

このようにして先人達が作り上げてきた基盤を利用してお金儲けをしようという輩が株式投資情報会社を装って不正に顧客からお金を巻き上げるような事案が増えます。 従来人間には「お金を稼ぎ、少しでも楽な生活を送りたい」という欲が少なからずあり、その欲望を利用して稼ごうとする連中が出てくることはもはや必然でした。

これからの株式投資情報会社

大切なのは、信頼できる株式投資情報会社を選ぶことです。
現在、インターネットが普及したことにより、顧客はより一層株式投資情報会社に手軽に手を出せるようになりました。
しかしその分、株式投資情報会社も多種多様な手口でより巧みにお金を騙し取るようになってきています。

これらの悪徳業者は確実に株式投資界のイメージ上もマイナスの存在であり、駆逐されるべきものです。
しかし、残念ながらこれら悪徳業者はこれからも存在しつづけるでしょう。

したがって、今後の株式投資界の発展のためにも顧客側がまず知識を身につけ、悪徳業者を見極める目を持つことが大事です。
悪徳株式投資情報会社は絶対に使わないで駆逐し、わずかながら存在する優良株式投資情報会社を盛り上げていくことが私たちの使命とも言えるでしょう。

最新の株式投資情報会社