投資顧問調査委員会

ランキング

株式投資情報の実態を元業界関係者や行政書士が徹底暴露!

三山とは

三山(さんざん)とは、ローソク足の組み合わせで時間をかけて形成されるトレンドパターンの事をいいます。

「三山(さんざん)とは大天井の体型をあらわす線にして、底値より波乱をくり返しながら順次上昇し、高値より下押し、さらに前の高値付近まで上進し、また、下押して上進する。

三度同じ運動をくり返すという体型にして、大天井となるものなれば、断固売り放つをよしとす」とされています。